患者

進行が遅い大腸がん|早期発見なら治療の成功率は高い

発見しづらい理由と予防

女性

すい臓がんはまた、肺がんのようにはっきりとした危険因子が分かっていない為、予防がしづらいがんの一つです。しかし、すい臓がんの患者の傾向として、喫煙家や大酒飲みの割合が多いという統計結果が出ています。お酒の量をコントロールすることと喫煙をしないという事はすい臓がんを予防するためには大切です。人によってお酒の適量は異なりますが、だいたい一日2合程度までが一般的に安全と言われている飲酒量です。また、週に一度はお酒を全く飲まない休肝日を設けるようにしましょう。喫煙はすい臓がんだけではなく、あらゆる病気の危険因子となります。特にストレスによって毎晩のようにタバコを吸いながら深酒をしているような人は発症リスクがとても高いと言えます。

胃がんや肺がんは患者数の多い胃がんとして有名ですが、すい臓がんもあまりその性質が知られていない割には患者数が多いがんで、更に少しずつですが患者数が増加しているがんでもあります。すい臓がんはがんの中でも非常に治療が難しいがんとなっています。すい臓がんの治療を難しくさせている理由の一つに発見が困難であるため、発見した時にはがんが進行しているということがあります。すい臓は肝臓の少し下側に位置し、背中側に接するように存在しています。その為、内視鏡では見えない位置でなおかつ超音波検査を行っても消化器官のガスに重なると見えにくくなります。つまりすい臓はすい臓を検査するという前提があって初めてしっかりと検査できる器官なのです。すい臓がんの検査は、超音波内視鏡や血液検査、CTスキャンなどの検査方法を複数組み合わせて行なわれます。