患者

進行が遅い大腸がん|早期発見なら治療の成功率は高い

多くの日本人が患うがん

カウンセリング

胃がんは、胃の内側にある粘膜内の細胞ががん化する事で引き起こされます。日本では肺がんに続き、二番目に多いがんです。年齢別に見れば、四十代を境に顕著な増加傾向を示しています。発症率と死亡率では国内のがん患者でも上位ですが、患者の絶対数で見れば近年は緩やかな減少傾向にあります。胃がんは初期症状の出にくいがんと言われています。個人差もありますが、全く症状が出ずに手が付けられない状態まで進行してしまう場合もあります。胃がんの初期症状としては胃痛、胸やけ、黒便が上げられます。その一方で胃がんは治療しやすく、一部の進行性を除けば比較的治りやすいがんでもあります。医療技術の発展により、これからも死亡率は減少していくものと思われます。

胃がんの原因は遺伝的な要因を除けば、アルコールや過剰な塩分の摂取などの不健康な食生活が原因であると言われています。また胃は臓器の中でも最もストレスの影響を受けるとされており、社会的ストレスも胃がんを発症させる要因であるとする研究者もいます。バランスの取れた食生活の改善や、適度な運動によってストレスを発散させる事が胃がんへの予防になります。がん全般に言える事ですが、定期的な診断も予防という観点からは非常に重要です。特に胃がんは初期症状が出ないので、定期的な健康診断は生命線となってきます。多くの胃がん患者は自覚症状ではなく、健診によって胃がんであると発覚します。検査方法は胃へのX線診断や内視鏡検査です。